29.10.11

"CAST AWAY" (キャスト・アウェイ)
















Cast Away Trailer :



 











久しぶりに良い映画を見ました。「キャスト・アウェイ」は2000年度公開で、俳優はトム・ハンクス、ヘレン・ハント、クリス・ノース他。チャック(トム・ハンクス)は婚約者(ヘレン・ハント)をもつ、輸送会社フェデックスに勤めています。そして、自社の貨物機に乗っている最中に嵐のため、墜落し、チャックだけが生き残ります。しかし、そこは南太平洋の無人島で、彼は4年ほどその島で生活を送ることになります。




途中、自社の郵便物が島へ次々と流されて来ます。スケートの靴、ドレス、ボール…と使えなさそうな物ばかりだと思うのですが、ココナッツの実を割るためにスケートの刃を使ったり、魚を収穫するためにドレスをはぎ取り、網にしたりと役に立たせていました。なかでも、チャックにとって重要なのがこのボールで、(ウィルソンというメーカーのボール)彼をウィルソンと名付け、彼が唯一の話し相手となります。チャックは絶望的になる時があり、ウィルソンに「お前はどうせただのボールだ…!」と言い、外へ抛り投げるのですが、やはり彼がいないとさみしいと気づき、探しに行きます。少し笑えるシーンですが、チャックとウィルソンの友情の絆は深いと思いました:)

“Wilsooon.....!”



“I,I have made fire !!”



「この俺様が火をおこしたんだぞ!」というシーンも笑えます。大喜び。




 


最後、島を脱出する前に1500日生きたという証拠を岩に書き、婚約者宛てにこのメッセージを捧げます。

 


もしも自分が無人島に一人流されてしまったら、果たしてどう生きていくのだろうかと考えました。やはり普段から多くの知識を身に付けておく必要があるし、何事も決してあきらめないことだと思いました。人間はあきらめも肝心な時はありますが、生きていくということはそう簡単なことではないと実感しました。悲しいことがあろうと前へと進むべきですし、そこへ行くからにはきっと何か先に良い事もあるのだと思いました。そして、人間は極限に陥ると、無限大な力を発揮できるものだと思いました。また、あらためてトム・ハンクスは偉大な役者だと思いました。まだ見ていない名作映画で「フォレスト・ガンプ」があるので、次回見る予定です。みなさんも、「キャスト・アウェイ」を見て下さい*心に残る映画です。
 

No comments:

Post a Comment